ご挨拶

エンターテイメント的日本語教育の提唱者、平山崇のサイトです。

 

私は10年、中国で日本語教育に携わって参りました。その間、自身の小説創作、ゲームブック作り、音楽(作詞・作曲・編曲・演奏)、映画撮影、漫画制作の技術をもとに、楽しい授業および課外授業を目指し、実践してきました。

 

日本語教育では、研究でも実際の授業でも、いかに分かりやすく効率的に教えるかに重点が置かれています。しかし学習者は、学校で学ぶという一時期を、もっと楽しく、もっと豊かに過ごしたいと願っているはずです。日本語教師は、日本語を接点にして、彼らに充実した学生生活を送ってもらえるように創意工夫することが求められます。

 

そこで自ずと創出された概念が、エンターテイメント的日本語教育です。教師が自己の技術を日本語教育に活用し、学習者に楽しく刺激的な学習の舞台を提供するのです。それは既成の音楽や漫画を借りて使う、というのではいけません。教師自身がそれらを制作できてこそ、学習者の日本語水準等の状況に応じた適切な素材提供が可能となるからです。また、オリジナル作品では煩わしい著作権の問題もなくなり、発表、販売などビジネス的な展開も視野に入れることができます。

 

繰り返しますが、教授法の研究、誤用研究等は重要です。しかし学習者の立場に立てば、それだけでは足りないのです。今後の日本語教師には、エンターテイメント的日本語教育を実践できる種々の技術が求められると考えます。むろんその技術はアマチュアのレベルで十分だと思います。それで学習者を楽しませ、かつ思い出を形にしてあげることができるのです。

 

このホームページでは、自分自身のエンターテイメント的日本語教育の実践例を紹介します。皆様のご理解やご賛同が得られ、この新しい日本語教育活動が広がっていくことを祈っています。

NEW

 

 

 

最新刊(2014年4月出版)

「神道技法師」

キンドル本。ライトノベル。

9万字。250円。

■詳しく見る

「魔物たちの楽園ーあるいは臨床心理学の楽園ー」

キンドル本。ゲームブック。約10万字。250円。

西欧ファンタジーと臨床心理学の世界です。

■詳しく見る